民謡

教室概要

センター講座

民謡を唄うということは、   ①楽しみが第一であり②融和をもたらし③言霊に触れて古い日本の遺産で覚醒し、新しい人生に目覚めるということに、つながるのではないかと思います。   現在会員25名、合唱と個人持ち唄を一曲1年を通じてマスターして、秋にその成果を1日かけて発表する会を催しています。 また、長生園の発表会、その他福祉施設などの慰問なども好評を得て行っています。   会員皆さん元気に続けています。  

開催回数 第2・第4 土曜日(月2回開催) 開催時間 13:00~15:00
教える人 橋川 幸子(日本民謡協会師範教授) 開催場所 長生園
>>教室一覧に戻る